第1回神戸マラソンのサポートプログラム報告

 2011年度のひょうご地域スポーツ振興プロジェクトは、第1回神戸マラソンへの協力・地域への貢献をテーマに「パネル展示」「学生ボランティア」「ボランティア調査」の3つのプロジェクトを立ち上げ、協力を行いました。

 大会前日は荒れた天候でしたが、展示エリアとなったポートピアホテル北側の三角噴水の横に、学会が提供したパネルが大雨に負けることなく立派に飾ってありました。ゴールしたランナーの通り道に設営してありましたので、たくさんのランナーや観客の方々の目に触れたと思います。

マラソン写真1-3.jpg

 マラソン当日は晴天に恵まれ、学生たちが給水・給食、そして素晴らしい声援を繰り広げてくれました。学生たちから「来年も是非参加したい」という声が上がっていました。警察の指導により神戸大橋上は一般人進入禁止区域となり、ユニフォーム姿の応援ができなかったことはとても残念ですが、学生にとってはとてもよい経験になりました。

マラソン写真4-6.jpg

マラソン写真7-9.jpg

実行委員会からの報告によると、

「月刊ランナーズの「大会口コミレポート」を拝見しても、神戸大橋ブロックの学会の学生さんの大きな声援が、ランナーの印象に強く残っていることがよくわかります。」

ということでした。

 学会員の皆さまのご協力に感謝しています。   

  ボランティア調査はこれから回収・集計に入ります。結果につきましては、今しばらくお待ちください。  

ひょうご地域スポーツ振興プロジェクト委員長  

土肥 隆(兵庫県立大学)