お知らせ

兵庫体育・スポーツ科学学会の各委員会からのお知らせを掲載しています。

20周年記念シンポジウムの報告

 平成23115日(土)神戸市水道局たちばな職員研修センターにて、兵庫体育・スポーツ科学学会20周年記念シンポジウムが、「スポーツ基本法の制定と“スポーツ立県ひょうご”に向けて」とテーマを掲げ開催されました。

 基調講演では、まず齋藤健司先生(筑波大学大学院准教授)より、「スポーツ基本法の制定:内容と今後の方向性」と題して講演頂きました。スポーツ基本法の解説と論点、今後の課題と展望に至るまで、大変丁寧にお話下さいました。

続いて山口泰雄先生(神戸大学大学院教授、中教審スポーツ推進特別委員会委員長)より、「新たなスポーツ基本計画のヴィジョン:Next10yearに向けて」と題して講演頂きました。わが国のスポーツ政策の歩みと課題、スポーツ政策研究の動向、スポーツの基本計画のヴィジョンについて、年代別ステージに分けて解説頂き、学会員である研究者に今一度ミッションを提言頂き、今後の課題について「兵庫らしさを探り、反映すること」がとても重要であるとまとめて下さいました。

シンポジウムでは、コーディネーター(高見彰先生・松村浩貴先生)より4名のパネリストの先生方が紹介され、その後それぞれの現場からのお話を聞くことができました。

東直也先生(兵庫県教育委員会事務局スポーツ振興課 主任指導主事)には、「ひょうごの地域スポーツのこれから」と題して、現場の話をお聞かせ頂きました。兵庫県民の意識の中で、“スポーツの価値”が上がっており、スポーツのおかれているポジションが高くなっていること、スポーツに関わる人たちに“ひょうごらしさ”が積み上げられているとお話頂きました。 

寺岡正人先生(財団法人兵庫県体育協会 競技力向上課長)には、「ひょうごの競技力のこれから」と題してお話頂きました。競技力向上、兵庫県は国体8位を目指すこと、はばたけ兵庫推進プランに基づき、数々の取り組みを行っていること等、具体的な取り組みを知るきっかけとなりました。

増田和茂先生(兵庫県立リハビリテーションセンター、障害者スポーツ交流館所長)には、「ひょうごの障害者スポーツのこれから」と題してお話頂きました。障害者スポーツの今後を考えるにあたり、スポーツ振興を取り囲むひと・もの・かねという大きな課題を抱えているが、一歩ずつ前進していくことの重要性が理解できました。

岩崎安伸先生(あんしんクリニック、神戸製鋼コベルコスティーラーズチームドクター)には、「ひょうごにおけるスポーツ医科学と現場をつなぐ」と題してお話頂きました。トップチームのチームドクターとして現場で活躍されながら、地域のスポーツ愛好者がどのようなニーズをスポーツドクターに対して抱いていているかを把握し、両者のギャップを埋めていくことが今後の課題と考えておられました。 

 

第1回神戸マラソンのサポートプログラム報告

 2011年度のひょうご地域スポーツ振興プロジェクトは、第1回神戸マラソンへの協力・地域への貢献をテーマに「パネル展示」「学生ボランティア」「ボランティア調査」の3つのプロジェクトを立ち上げ、協力を行いました。

 大会前日は荒れた天候でしたが、展示エリアとなったポートピアホテル北側の三角噴水の横に、学会が提供したパネルが大雨に負けることなく立派に飾ってありました。ゴールしたランナーの通り道に設営してありましたので、たくさんのランナーや観客の方々の目に触れたと思います。

マラソン写真1-3.jpg

 マラソン当日は晴天に恵まれ、学生たちが給水・給食、そして素晴らしい声援を繰り広げてくれました。学生たちから「来年も是非参加したい」という声が上がっていました。警察の指導により神戸大橋上は一般人進入禁止区域となり、ユニフォーム姿の応援ができなかったことはとても残念ですが、学生にとってはとてもよい経験になりました。

マラソン写真4-6.jpg

マラソン写真7-9.jpg

実行委員会からの報告によると、

「月刊ランナーズの「大会口コミレポート」を拝見しても、神戸大橋ブロックの学会の学生さんの大きな声援が、ランナーの印象に強く残っていることがよくわかります。」

ということでした。

 学会員の皆さまのご協力に感謝しています。   

  ボランティア調査はこれから回収・集計に入ります。結果につきましては、今しばらくお待ちください。  

ひょうご地域スポーツ振興プロジェクト委員長  

土肥 隆(兵庫県立大学)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成23年度兵庫体育・スポーツ科学学会総会,及び第22回大会報告

 平成23年5月21日(土)午後に播磨町健康いきいきセンターにて、「23年度総会」並びに「第22回大会」が開催されました。

 まず、山口会長(神戸大学)の挨拶で総会の幕が開き、続いて、今回会場提供いただいた播磨町から藤原暁美教育長にご挨拶をいただきました。その後は、22年度の事業報告や決算、23年度の事業予定や予算案について審議、学術研究助成金の授与式が行われました(内容の詳細は来月発行の学会誌に掲載されますので、学会員の皆様におかれましては、それをご確認下さいますようお願いします)。

 

表彰-小.jpg

 

 総会後に引き続き行われた学会大会では、一般研究発表14題、実践報告1題、学部生によるポスター発表3題の報告があり、活発な意見交換がなされました。

 

一般発表-小.jpg

さらに、会場を播磨中学校体育館に移して、ワークショップ「コオーディネーション・トレーニングの理論と実習」も1時間行われました。長野崇先生(福嶋ハビリテーション学院)による丁寧な講義、西尾和典先生(播磨町教育委員会)による楽しい実技が行われ、参加者は心地よい汗をかくことができました。最後の懇親会では、播磨町内外で有名な「やきにく武蔵」さんで美味しいお肉を食べながら、大いに語らいながら、交流をすることができました。

 

実技-小.jpg

 今大会、初めて大学以外の施設で総会、学会大会を開催いたしました。60名を越える多くの参加者があり、成功裡に学会大会を終了することができましたのも、播磨町関係者、学会役員、そして参加者のお陰と感謝しております。この場を借りて、関係各位にお礼申し上げます。

 

学会担当理事

追伸

 先般、学会員にお送りいたしましたプログラム集のうち、下記2演題につきましては、抄録が文字化け等しておりました。印刷の際のチェックミスです。該当の研究関係者の皆様には大変失礼なことで、本当に申し訳ありません。以下に訂正版を掲載させていただくとともに、この場を借りてお詫び申し上げます。

 

◆サッカー育成年代におけるプレーの「流動性」を可能にするコーチング法の研究 -スペイン・SevillaFCの育成年代の現地調査をもとに-

 ○中村泰介(聖トマス大学),河端隆志(大阪市立大学),小田伸午(関西大学)Antonio Solana(SevillaFC)

 鈴木晶子(京都大学)

◆インクルージョン体育の授業展開に関する研究 -児童と教師の状況からみた影響要因の検討-

 ○金山千広・井上紀子(神戸女学院大学),山崎昌廣(広島大学総合科学研究科) 

 

抄録(訂正版).pdf