お知らせ

兵庫体育・スポーツ科学学会の各委員会からのお知らせを掲載しています。

11月21日のセミナー報告。詳細をご覧下さい。

平成21年度兵庫体育・スポーツ科学学会セミナー開催される
テーマ『スポーツ科学とその活用方法をさぐる』
 
 11月21日、兵庫県民会館県民ホールにおいて標記セミナーを開催しました。例年、秋のシンポジウムを開催しておりますが、今年は財団法人兵庫県体育協会、兵庫県スポーツ指導者協議会との共催で、兵庫県教育委員会の後援をいただき学会員以外のスポーツ指導者の方々も交えてのセミナーを催しました。

  これは広く県民に開かれた学会をめざすべく、今後、本県のスポーツ振興を他組織と共同で展開していくあしがかりにしたいと考え、学会員による話題提起と昨 年度から立ち上げたプロジェクト「ジュニアのタレント発掘」と「地域スポーツ振興プログラム」2つのプロジェクト報告が行われ、約40名の学会員の他、様 々なスポーツ指導者350名が参加し、会場は熱気に包まれました。参加者の皆さんは、二つの話題提供、学会のプロジェクト報告について、熱心に耳を傾けて いただき、参加者の方から積極的な質問が行われるなど、大変有意義なセミナーとなりました。

当日のプログラムは以下のとおりです。   
■講演 
演題 体力の二極化現象の視点からジュニア期のスポーツを考える
講師 神戸大学大学院 教授 平 川 和 文 氏
演題 スポーツ栄養学の視点からアスリートのための食事を考える
講師 神戸女子大学 准教授 坂 元 美 子 氏
■協賛社大塚製薬株式会社からの情報提供       
■プロジェクト報告「ジュニア育成の取り組みと地域スポーツの普及振興報告」
 (1)ひょうごスポーツタレント発掘プロジェクト
  兵庫県立大学経済学部 教授 鵤木秀夫氏
(2)ひょうご地域スポーツ振興プロジェクト
  播磨町教育委員会生涯学習グループ 主任 西尾和典氏
■まとめと今後の展開について
  神戸大学大学院教授,兵庫体育・スポーツ科学学会会長 
  山口 泰雄 教授
 
平川先生

「子どもの体力について、1980年 代後半から徐々に体力が低下している状況を体格・体型の変化などの関係から考察した結果が報告されました。また、現在の全国と兵庫県との比較、体格と体 力、食生活・睡眠・運動時間などの生活習慣と体力、様々な要因と体力の関係について解説され、中学校期の運動がきわめて重要というご指摘がありました。現 在、今後の子どもの体力向上を目指して、15分エクササイズを学校現場で実施するために、DVDを作成中で、完成間近という報告があり、来年度に向けて期待が高まりました。」

sh.jpg

坂元先生

「ま ず最初に、栄養を考える上で大切なのは、理想的なエネルギー比(PFC比:15:25:60、Pタンパク質:F脂質:C炭水化物)に基づいて、バランスの とれた食事を取ることであり、スポーツ選手にとってもきわめて重要であることが解説されました。続いて、プロ野球のキャンプ現場での1軍、2軍の宿泊施設 の違いにより、摂取エネルギー、栄養のバランスなどに違いが出ることや、それを補うための宿泊施設の努力など、実際に現場で栄養指導をされた様子が報告さ れました。また、女子サッカー選手のヘモグロビン濃度の変化に関する研究の中で、練習後の食事環境を向上させることで貧血を改善できることなど、実際の詳 細な事例研究が報告され、とれも興味深い内容でした。」

ss.jpg
 鵤木先生

「本 学会と兵庫県教育委員会、兵庫県体育協会の共催で本年度からスタートした「ひょうごジュニアスポーツアカデミー」について報告されました。近年、他府県で も実施されているスポーツタレント発掘事業と比較して、学会が直接関与していること、大学生のボランティアや企業・民間のサポートを受けて実施されている ことなど兵庫県独自の取り組みが紹介されました。事業の性格上、長期的に取り組むことが不可欠であり、今後の課題として予算確保や競技団体、総合型地域ス ポーツクラブとの連携強化が挙げられました。」

si.jpg
 
 西尾先生

「ひょ うご地域スポーツ振興プロジェクトについて概要が説明されました。3年計画でスタートし、初年度となる昨年は、学会でテキストを作成し、基礎講習を播磨町 で実施し、その様子が紹介されました。本年度はテーマ講習として、子どもと中高年を対象に「ファミリースポーツのスポーツ振興に資する指導者養成」講習会 が12月13日に開催されることが案内されました。また、昨年度実施したスポーツ指導者に対する調査結果から、指導者に求められている内容、指導者自身が 感じている内容などについて報告が行われました。現場で活躍されている参加者の方からは、有資格者には謝金はもちろん、時間帯によっては食事への配慮もで きるような会費で運営し、指導者も責任を持って指導するという体制をつくってほしいという意見がありました。」
 

sn.jpg 
山口先生

「こ れまでの地域スポーツ環境(ヒューマン,ソフト,ハード)が「縦割り・連携不足」であったことを指摘され、それを受けて本セミナーは理論と実践のギャップ をつなぐことを意図して開催されたという経緯説明が行われました。その後、学会の2つのプロジェクトである「ジュニア育成の取り組み」と「地域スポーツの 普及振興」の報告に関して、現状や今後の展開に関する討論が行われました。山口先生からは、今回のセミナーのまとめとして、今後はヒューマン,ソフト, ハードの連携がより重要であり、中でもヒューマンの1つであるスポーツ指導者は,スポーツ選手,スポーツ愛好者をサポートすることが,自身の目標,夢,ひ いては生きがいになることを強調されました。さらに、これからの指導者には「ノウハウ」以上に「ノウフー(誰(専門家)を知っているか)」が大切であり、 スポーツ指導者はスポーツ振興およびスポーツ価値拡大のための貴重な資源であるということを確認して本セミナーを終了しました。」

sy.jpg
 
S-1.jpg
 

12月13日に播磨町で講習会を行います。詳細はこちらから

 詳細と申し込み方法についてはこちらをクリックして下さい。

平成22年度の学術研究助成およびスポーツ振興助成が決定いたしました。

学術研究助成:奨励研究4

スポーツ振興助成:普及・発展助成1

 

 

学術研究助成:奨励研究

 

 

 

◯五藤佳奈(代表者,武庫川女子大学),樫塚正一,伊達萬里子(武庫川女子大学)

 

 「女子体操競技における熟達差によるパフォーマンス中の視覚探索について」

 

 

曽我部晋哉(甲南大学)

 

 「膝関節内反の有無が膝伸展時の大腿四頭筋の筋活動に及ぼす影響について」

 

 

常行泰子(代表者,神戸大学大学院),山口泰雄(神戸大学大学院)

 

 「運動・スポーツ実施における行動変容プロセス尺度の作成と信頼性・妥当性の検討—中年者を対象として—」

 

 

松本裕史(代表者,武庫川女子大学),中西匠(武庫川女子大学)

 

 「スキーに関するセルフ・エフィカシーとスキー技術テストとの関連の検討」

 

 

 

 

 

 

スポーツ振興助成:普及・発展助成

 

 

 

土肥隆(代表者,兵庫県立大学),高見彰(関西国際大学),長ヶ原誠(神戸大学大学),小野昌二(神戸YMCA),西尾和典(播磨町教育委員会),山本存(甲南女子大学),伊藤克広(兵庫 県立大学)

 

 「スポーツ参加者のハートをつかむための指導者クリニック」

 

平成21年度兵庫体育・スポーツ科学学会セミナー開催のおしらせ(11月21日開催)

1 テ ー マ  『スポーツ科学とその活用方法をさぐる』

        広く県民に開かれた学会をめざすべく、本学会では学会員の「ナレッジ」の集積と活用をすすめています。昨年度から立ち上げたプロジェクトも2年目を迎え、「ジュニアのタレント発掘」と「地域スポーツ振興プログラム」と確実に成果を積み上げてきています。本セミナーは、兵庫県体育協会、兵庫県スポーツ指導者協議会とのタイアップによって開催し、今後、本県のスポーツ振興を他組織と共同で展開していくあしがかりにしたいと考え、学会員による話題提起と2つのプロジェクト報告を開催します。ふるってご参加いただき活発な情報交換の場にしたいと考えます。

 

2  主  催  兵庫体育・スポーツ科学学会

  共    催  財団法人兵庫県体育協会

             兵庫県スポーツ指導者協議会

  後  援  兵庫県教育委員会

特別協賛  大塚製薬株式会社

 

3  参 加 者   ① 兵庫体育・スポーツ科学学会員

② スポーツクラブ21ひょうごの指導者や会員の方

 ③ 小中学校の教員の方

④ 地域でスポーツ指導をされている方

         ⑤その他スポーツに関心をお持ちの方

 

4  開催期日  平成211121日(土)   

 

5  会  場   兵庫県県民会館 県民ホール

          神戸市中央区下山手通4丁目16-3

           TEL 078-321-2131

 

6  日  程 

1130             

12001210   開会式

12101330  講   演題 体力の二極化現象の視点からジュニア期

                             のスポーツを考える

                  講師  神戸大学大学院 教授

                     川 和 文 氏

13401500   講 演 演題 スポーツ栄養学の視点からアスリート

                のための食事を考える

                講師 神戸女子大学 准教授

            坂 元 美 子 氏

15001530  協賛社からの情報提供

       

15301630   プロジェクト報告「ジュニア育成の取り組みと地域スポーツの普及振興報告」

          発 題

         (1)ひょうごスポーツタレント発掘プロジェクト

          兵庫県立大学経済学部 教授 鵤木秀夫氏

          (2)ひょうご地域スポーツ振興プロジェクト

          播磨町教育委員会生涯学習グループ 主任 西尾和典氏

16301650  まとめと今後の展開について

         神戸大学大学院教授,兵庫体育・スポーツ科学学会 

                   会長 山 口 泰 雄 教授

7  参 加 料  無 料

 

8  定  員  50名

 

9  申 込・  兵庫体育・スポーツ科学学会 事務局

  問合せ先  〒651-2197 神戸市西区学園西町8-2-1 兵庫県立大学

             土肥 隆 tel078-794-7093 fax078-794-7129

                  mailtohi@biz.u-hyogo.ac.jp

             伊藤克広 tel&fax : 078-794-7092

                  mail : itokatsu@econ.u-hyogo.ac.jp

 

10 申込方法 

メールか電話・FAXにて下の①から⑤を明記の上、上記申込先                     に1113日(金)までにお申し込みください。

①氏名 所属 郵便番号・住所 

電話&FAX番号 ⑤メールアドレス

希望者多数の場合はご参加をお断りすることがありますのでご了承ください。

 

 

21・22年度役員体制ページを設けました。学会紹介からご覧頂けます

「タレント発掘」と「地域スポーツ振興」 の両プロジェクトのページが出来上がりました

リンク集が更新されました

兵庫体育・スポーツ科学学会総会及び第20回大会報告

平成21年6月20日(土)に神戸松蔭女子学院大学にて、以下のプログラムで「総会」並びに「第20回大会」が開催されました。

 総会に続いて行われた学会大会の冒頭では、三村仁司氏による記念講演がありました。シューズ作りを通した多くの著名なアスリートとの交流についての話は、会場の全員が興味深く耳を傾け、持参いただいた貴重なシューズの数々に触れ、驚きの声もあがっていました。

 また、発表部門では、今大会から新設された「実践報告発表」や「学部生によるポスター発表」など、新たな試みも導入されました。

 50名を越える多くの参加者があり、成功裡に終了することができました。この場を借りて、関係各位にお礼申し上げます。

 

【プログラム】

1300〜 総会

1400〜 記念講演 『世界のシューズ職人ミムラが明かす金メダルシューズの作り方』

              三村仁司 氏(元.()アシックス)

 

高橋尚子選手、野口みずき選手、イチロー選手をはじめ、トップアスリートのシューズを長年にわたって作り続けてこられた、元アシックスのグランドマイスター三村仁司さんによる講演会。靴作りに関すること、選手との交流のエピソードなどお話しいただきました。

1500  特別プロジェクト報告

)ジュニアスポーツタレント発掘・育成プロジェクト

  平川和文(神戸大学)

2)ひょうご地域スポーツ振興プロジェクト

  伊藤克広(兵庫県立大学)

 

1530〜 研究発表,実践報告(発表8分,質疑応答3分)

    *******************

      座長:長ケ原誠(神戸大学)

1530〜 車椅子バスケットボールのチーム特性に関する一考察(第2報)

   ○中道莉央(武庫川女子大学大学院),水谷 豊(武庫川女子大学)

1541〜 野外活動指導者のリスクテイク傾向について

   ○甲斐知彦(関西学院大学),高見 彰(関西国際大学)

1552〜 フィットネスクラブ業界における従業員のキャリアマネジメントに関する研究 −資格制度が勤務継続に及ぼす影響について−

   ○舩越達也(()イトマンスイミングスクール),

        永松昌樹(聖母女学院短期大学)

1603〜 中国におけるスポーツ振興くじの現状と課題

   ○孫 偉偉(神戸大学大学院),山口泰雄(神戸大学)

    *******************

      座長:高田義弘(神戸大学)

1614〜 運動部活動における「外部指導員のための手引き」

          の構成内容の検討

   ○萩岡 徹(兵庫教育大学大学院)

1625〜 肘屈曲運動における筋パワー発揮特性からみた両側性機能低下

          について −左右差の比較から−

   ○青木敦英・田路秀樹(兵庫県立大学環境人間学研究科)

1636〜 元気アップ“七転び八起き”エクササイズ教室実践活動報告

   ○根來信也(()兵庫県柔道整復師会,

        岡田修一・前田正登(神戸大学)

1647〜 地区体育館と地域のつながり

   ○岡本貴行・福田一儀・藤田修一

       (NPO法人神戸アスリートタウンクラブ)

 

1700〜 ポスター発表(学部学生による)(発表3分,質疑応答8分)

      進行役:伊藤克広(兵庫県立大学)

1700〜 冒険教育手法としてのKOBE六甲全山縦走大会の可能性

   ○山口 剛・甲斐知彦(関西学院大学)

1703〜 学内NPO法人RANGERCSOにおけるニュースポーツの普及活動

   ○平石直大・高見 彰(関西国際大学)

1706〜 沖縄県のウォーキング大会の参加者特性

      −第21回名護・やんばるツーデーマーチのケーススタディ−

   ○伊藤朋子・大園 樹・前場将孝・山口泰雄(神戸大学)

1709〜 沖縄県のウォーキング大会における参加者の大会満足度

     −第21回名護・やんばるツーデーマーチのケーススタディ−

   ○前場将孝・大園 樹・伊藤朋子・山口泰雄(神戸大学)

17121720 質疑応答

 

1800〜 懇親会

     神戸松蔭女子学院大学内 東食堂(ラウンジ)

 

 

 

 

平成21年度兵庫体育・スポーツ科学学会総会及び第20回学会大会

 

今年度から行事日程が変更となり、学会大会と総会を同日にすることになりました。

1.総会及び学会大会要領

 (1) 期 日:平成21年6月20日(土)13時より

 (2) 会 場:神戸松蔭女子学院大学 (阪急六甲駅から山側へ徒歩15分、  

       あるいは、阪急六甲、JR六甲道、阪神御影各駅から

      「市バス36系統鶴甲団地行」乗車 六甲台南口下車、山側へ徒歩5分)

 (3) プログラム

総  会                        1300分~

      記念講演                        1400分~

      特別プロジェクト報告              1500分~1530

      研究発表,実践報告,ポスターセッション     1530分~1700

   懇親会                         1730分~1900

 

  1)記念講演 講師 三村仁司

              演題「世界のシューズ職人ミムラが明かす金メダルシューズの作り方」

 

2)研究発表・実践発表・ポスター発表

 今年度より、口頭研究発表の他に、体育・スポーツ分野における実践的取り組みの報告や、学部生も発表できるポスターセッションの部を設けます。

    ① 発表資格 平成21年度本学会会員に限る

    ② 発表申込および抄録送付締切  平成2158日()必着

  ③ 発表方法 口頭発表、ポスター発表

  ④ 採択通知  平成 21515日()までに発表可否と発表時間、

         及びポスター発表者には発表要領を通知します。

  ⑤ 発表抄録送付先(※ E-mailの添付書類で、抄録の送信をお願いします。)

 兵庫教育大学 森田啓之 宛  Tel/Fax0795-44-2227

                            【E-mailhmorita@hyogo-u.ac.jp

 

 (4) 学会大会参加申込

  1) 別紙第20回大会参加申込書により申込をお願いします。

    発表者は正会員でなければなりません。ただし、ポスター発表の場合、

       正会員でない学部生も発表することができます

  2) 大会参加費 

会員 :1,000円(正会員の大学院生・学部生を含む)

一般  :  500円(正会員以外)

懇親会費:3,000円(大学院生・学部生は1,000円) 

 

2.発表抄録作成要領

 (1) 原稿 A4判用紙

 (2) 送付方法 ワード形式にて保存し、添付書類として送付して下さい。

   ※なお、研究代表者は緊急連絡先を明記して下さい。

 (3) 演題名 最上段の第1

 (4) 研究代表者・共同研究者  第2行目 所属機関は(  )に入れ、

      氏名の後に記入して下さい。

 (5) 本文  文字サイズ10ポイント(MS明朝)印字で、25字×35行×2段組=1,750字を基準として(上下左右の余白は15mm程度)作成して下さい。図表を入れる場合は文字数を調整して下さい。

 

ホームページを開設いたしました。

兵庫体育・スポーツ科学学会のホームページを開設いたしました。

このサイトでは学会大会や学会誌の情報を見たり、

入会申込書や研究助成申込書のダウンロードが行えます。

どうぞご活用下さい。